ニキビで乾燥しがちな肌を保湿する方法

関連ページ

肌をしっとりスベスベにするための7つのステップ
ステップ1:入浴 肌の保湿をするためにはまず、ゆっくりと入浴するところから始めましょう。 湯船につかって体を温めることによって、血行を良くすることができるのです。 ステップ2:ホットパック ニキビや吹き出物ができている場合、毛穴の黒ずみが気になる場合には、ホットパックをおすすめします。 洗面器に熱めのお湯を張り、その蒸気を顔に当てるのです。頭の上に大きめのタオルを被せて洗面器ごと覆うようにすると、お湯がなかなか冷めません。ホットパックをすることによって、毛穴に詰まった皮脂を浮き上がらせることができます。 ステップ3:ヘッドマッサージ 意外に思われるかもしれませんが、肌の保湿をするためにはヘッドマッサージも有効です。 頭皮と顔は1枚の皮膚でつながっているため、ヘッドマッサージをすることによってお顔の血行も改善することができます。 ステップ4:洗顔 ホットパックやヘッドマッサージをした後は、洗顔をしていきましょう。 洗顔料を良く泡立て、あだに毛穴の汚れを吸着させるようなイメージで優しく洗っていきます。 ステップ5:パック 洗顔後は、保湿効果のあるパックをするのもおすすめです。 毛穴の汚れを除去した後のお肌にパックをすることで、その有効成分を効率よく信用させることができるのです。 ステップ6:化粧水 パックをした後はお顔についたパックの成分を優しくふき取り、いつもの化粧水でケアしましょう。 ステップ7:乳液・クリーム より高い保湿効果を得るためには、乳液やクリームを使うことも有効です。 パックや化粧水を塗った上にこれらの化粧品を塗ることによって、肌の内部に水分を閉じ込めることができるのです。 以上が肌の保湿をするための7ステップになります。ここでご紹介させていただいた方法は誰でも簡単にできることばかりですので、ぜひ今日から実践してみてください。