ニキビ跡を治すために重要な7つのポイント

関連ページ

食生活編
・腹八分目を意識する ニキビ跡を改善するためには、肌細胞の生まれ変わり、つまり肌のターンオーバーを促す必要があります。しかし、いつも過剰なカロリーを摂取していると、これを消費するときに体内の細胞を傷つけてしまいます。これでは綺麗な肌細胞ができるはずもありません。食事を摂る際には、お腹いっぱい食べるのではなく肌八分目を心がけましょう。 ・脂分を取りすぎない ニキビ跡を改善するためには、同時に新たなニキビを作らないようにすることも大切です。 ニキビは過剰な皮脂の分泌が原因となることもありますので、揚げ物やお肉の脂身などのような脂分を過剰に摂取しないように注意しましょう。 ・ビタミン類を摂取する ニキビ跡、特に色素沈着型のニキビ跡を改善するためには、ビタミン類を摂取することが大切です。ビタミン類には肌を美しく、そして白くする効果があるため色素沈着してしまった部分を薄くしていくことができるのです。
睡眠編
・睡眠時間はしっかり確保 ニキビ跡を改善するために最も重要であるといっても過言ではないのが、「睡眠」です。 というのも人間の肌は夜10時から深夜2時にかけて最も回復するため、この時間に質の良い睡眠をとっていなければ治るものも治らなくなってしまいます。お肌のことを考えるのならば、夜更かしはほどほどにして睡眠時間をしっかりと確保しましょう。