ニキビ跡を治すために重要な7つのポイント

関連ページ

食生活編
・腹八分目を意識する ニキビ跡を改善するためには、肌細胞の生まれ変わり、つまり肌のターンオーバーを促す必要があります。しかし、いつも過剰なカロリーを摂取していると、これを消費するときに体内の細胞を傷つけてしまいます。これでは綺麗な肌細胞ができるはずもありません。食事を摂る際には、お腹いっぱい食べるのではなく肌八分目を心がけましょう。 ・脂分を取りすぎない ニキビ跡を改善するためには、同時に新たなニキビを作らないようにすることも大切です。 ニキビは過剰な皮脂の分泌が原因となることもありますので、揚げ物やお肉の脂身などのような脂分を過剰に摂取しないように注意しましょう。 ・ビタミン類を摂取する ニキビ跡、特に色素沈着型のニキビ跡を改善するためには、ビタミン類を摂取することが大切です。ビタミン類には肌を美しく、そして白くする効果があるため色素沈着してしまった部分を薄くしていくことができるのです。
スキンケア編
・とにかく保湿!! ニキビ跡を改善するためには、肌に水分を補給して保湿をすることが何よりも重要です。肌が乾燥すると肌バリアが失われてトラブルが起こりやすくなってしまううえ、肌のターンオーバーがうまくいかなくなってしまうのです。そこで、ニキビ跡を改善するためには、保湿効果の高い化粧水を使用し、肌にたっぷりと水分を補給してあげることが重要です。 ・美白効果のある化粧水を使用する 色素沈着型のニキビ跡の場合、時間の経過とともに薄くなってはくるのですが、美白効果の高い化粧水を使用することでより早くニキビ跡を改善することができるのです。 ・お顔のマッサージも忘れずに!! 肌細胞は毛細血管から栄養分を受け取ることによって細胞分裂を繰り返しているため、血行が悪くなってしまうと栄養不足状態になってうまくその活動をすることができません。そこで肌を生まれ変わらせてニキビ跡を改善するためには、定期的にマッサージをし、顔の血行を改善してあげましょう。頭皮のマッサージをするのも効果的です。